低温やけどに注意!

院長ブログ

 

 

昨日は日曜日。休日の往診受け入れ体制中でのこと。(土日も1チームが動いています!)

 

食欲の秋も深まり、モリモリとお昼ご飯を食べていたら、「足が痛くて我慢ならないから早く来てくれ。」

と、患者さん宅よりコール。急遽往診に向かいました。

 

足の血管が詰まったのかな?踵の褥瘡かな?いや妙に足が熱い。蜂窩織炎か?

いやいやちょっと待て、電気のコードがベッドの横から足に向かって伸びているではないですか!

その正体は・・・

「アンカかっ❗️」

ということで、アンカに当たっていた部分が低温やけどを起こしていました。

 

冷たいタオルを当てたら、「楽になったよ。」との事。

早く対応できて良かった。

遅かったらコンガリ深い所まで行っていたかも…..

皆さん、アンカより湯たんぽの方が、お湯が冷めてくれるので安心かもしれません。

できれば直接足に当てないで、少し離しましょう。

 

 

昨日の訪問道中、富士見町で出会ったコスモス畑。

とてもキレイで癒されました。

 

 

 

 

あい駒形クリニックでは、チームの中枢を担う

医師・看護師・その他スタッフを随時募集しています。


患者様・求職者様向けの情報もございます。